S-14-2(2):陸域生態系の強靭化による緩和策、適応策の総合評価

成果目標

陸域生態系の強靭化による災害リスク削減を含めた緩和策、適応策の統合評価

研究概要

イ) 陸域生態系の撹乱と人間活動が災害リスクの規模と頻度に及ぼす効果を明らかにする。自然と人間社会の複合系としての社会機能システムの概念に基づいた、気候変動下での災害増減に関連した定性的評価を行う。そして、より定量的な自然災害リスク評価として、旱魃や山火事などの気象現象に関連した生態系擾乱の規模と頻度の変化を、テレコネクションなどの自然要因と土地改変・社会情勢などの人為要因の双方を加味した広域評価を行う。

ロ) 生態系の強靭化(レジリアンスの向上)による気候変動に伴う極端な気候現象への緩和策・適応策を提示する。とくに、生物多様性保全による生態系機能の安定化・強靭化の潜在性を評価することで、極端気象時の影響緩和と気候変動適応の可能性を模索する。

研究体制

研究代表者:森 章 横浜国立大学 環境情報研究院 准教授

研究協力者:岡田慶一、小林勇太、髙木勇輔、高鳥友樹、佐々木雄大、 小林真(北海道大学)、藤井佐織